2006年05月19日

小林麻耶VS青木裕子:TBS女子アナ抗争勃発!!

今、TBSの女子アナの中では小林麻耶アナと青木裕子アナの人気争いがすごい事になっている模様⇒ランキング小林麻耶(26)といえば、青山大学在学中「恋のから騒ぎ」に出演。おもしろおかしく恋愛話を語り、視聴者から人気を博してその後TBSに就職。入社2年目で「輝く!日本レコード大賞」のアシスタントを務めるなど、TBSの看板アナウンサーとして将来を嘱望されていた。

「ところがです。昨年入社した青木裕子の人気が抜群で、小林の存在が昨年以降霞んでしまっています。小林は不満を募らせていて、青木とは社内で会っても口もきかず、雰囲気は最悪。今年はじめに青木の不倫現場が写真誌にスクープされましたが、一部では『青木のネタを週刊誌に売ったのは、青木を蹴落としたい小林麻耶』という噂が真しやかに語られていました」(TBS関係者)

小林麻耶詳細情報芸能情報

 確かに青木裕子の抜てき振りには目を見張るものがある。入社後たったの3カ月で看板情報番組「サンデージャポン」の進行役に。「クイズ!日本語王」や「ニッポン!チャ×3」などゴールデンタイムの番組も多く担当している。一時は出世頭と見られていた小林麻耶と比べても2年目にして勝るとも劣らない活躍振りなのだ。
「実は社内では、青木をもっと活躍させたかったんですが、例の不倫事件があったので自粛したのです。しかし『人の噂も七十五日』秋の番組改編以降は、青木の活躍の場が増えるのは間違いありません」(前出・TBS関係者)
  そこでなおさら不満を感じているのが、小林麻耶だという。青木の人気は「社内不倫」というある意味 「決定打」でも止まらない勢いなのだから。
「仕事での小林人気は確かに衰えていますが、それ以上に深刻なのがプライベート。入社直後は社内外を問わず大人気だった小林ですが、最近は青木のほうが断然人気者。以前から小林はぶりっ子っぽい言動が多く、一部の女性スタッフに反感を買っていました。最近落ち目になってきて、その反感が吹き出した感じです。それが男性スタッフにも浸透してきて、『小林麻耶と仲良くすると他の女性スタッフに嫌われる』という悪評もあるくらいです」(前出・TBS関係者)

青木裕子画像芸能人ランキング

しかも最近、青木裕子の人気がさらに急上昇しているという、小林には笑えない話もある。

「青木の不倫相手だったA氏は、『サンデージャポン』や『さんまのスーパーからくりTV』を手掛けていた敏腕プロデューサー。しかし、ルックスはお世辞にも良いとは言い難い。なので社内や制作会社のスタッフの間では、『オレも番組を当てれば青木の彼氏になれるかも』ということで、が然やる気になっているのです」(テレビ情報誌記者)

「そこで今、小林は人気挽回を狙って、番組のキャスティングに発言力を持つ、チーフプロデューサー格の男性社員に急接近しているというのです。青木の二番煎じの作戦ですが、それだけ小林も追い込まれているのかもしれません」(芸能プロダクション関係者)

  青木の入社前は、TBS女子アナの合コンクイーンと呼ばれ、IT社長や社内の敏腕プロデューサー、男性アナウンサーとの複数同時交際が噂された小林麻耶。美人アナの賞味期限はとても短かったようで…。特売セール品に格下げされてしまったようだ。(ナイスポより抜粋)
芸能人人気度ランキングCHECK!!
posted by ハード芸能 at 01:10| Comment(0) | 芸能裏情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。